ソープランドのシステム

ソープランドは、風俗の王様と言われています。
男性なら誰もがゆっくりと楽しんでみたいと思うソープランドでは、他の風俗では不可能な本番行為が認められています。
このことは、多くの人が知っていることでしょう。

しかし、日本には風俗法という法律があり、それには本番行為は禁止であると明記されています。
それなのになぜソープランドでは、暗黙の了解で本番行為が行われているのでしょうか。

ソープランドは、複数の人が裸になることができる「特殊浴場」として、保健所から営業の許可を得ています。
ですから、ファッションヘルスやデリヘルの店舗のように風俗店として営業をし警察の取り締まりを受けているわけではありません。
働いているソープ嬢は、店舗の従業員ではなくあくまでお店の1室を借りて入浴前後に男性にマッサージのサービスをするという委託業務を行っている女性という位置づけなのです。
入浴しに来た男性は、店舗でマッサージのサービスを受けるために女性と2人きりで個室に入りますが、そこで2人は惹かれあい恋愛関係になって自然に本番行為に及んだというわけです。
自由恋愛の結果の末に起こったことなので、これは買春行為ではなくソープ嬢が受け取る料金もあくまで委託業務であるマッサージに対する報酬だということになっています。

ソープランドの料金表を見ると、入浴料とサービス料という2種類の料金が存在しているのはこのためです。
入浴料は入浴をするために利用した店舗に払い、サービス料はマッサージをしてくれたソープ嬢に払というシステムになっているわけですが、サービス料は入浴料の約2倍程度というのが一般的な相場になっています。
ですから、ソープランドのホームページを見て120分の入浴料が20,000円と書いてあれば、ソープ嬢に対する報酬は約40,000円で、利用料金の総額は60,000円程度になるというのがソープの世界での常識です。
20,000円と書いてあったのに60,000円もの高額な料金を取られては困るなどと、後から野暮なことを言わないように気をつけたいものです。

なんだか狐につままれたようなソープのシステムに疑問を感じる方もおられるでしょうが、いつの時代もどの国でも性欲を満足させるための風俗の仕事というのはなんらかの形で存在しているものです。
それなりの手続きをすれば合法的に本番行為ができるというソープランドのシステムのおかげで、マフィアなどが風俗ビジネスで暗躍して利益を闇で吸い上げるという違法な行為が行われないため、日本には他の先進国に比べて性犯罪が少ないとも言われているのです。

ソープ街と赤線地域

ソープランドというのは、風俗の中でもその知名度は格段に高く、風俗の代表的な物として広く知られています。
現在ではデリヘルやホテヘルといった新しいタイプの風俗が人気となってきていますが、それでもソープが持つ性質上、風俗の代名詞という立場は譲ることは無いでしょう。

そんなソープランドですが、その歴史は非常に長いものがあり、現在でも各地にソープ街と呼ばれるソープランドが密集して立ち並ぶ地域が存在しています。
規制強化によって今後の新規出店が見込めない業種でありながらも、そういった場所の知名度によってその地位を保ち続けているという一面は否定することが出来ません。
ソープランドの歴史を語る上で、ソープ街とその前身というべき地域は非常に重要な部分となります。
これは、吉原を始めとしたかつての赤線地域と呼ばれる地域で、赤線地域が廃止された現在でも唯一合法的にソープランドが経営出来る数少ない場所でもあるからです。

赤線地域というのは、江戸時代から公的に売春が認められていた地域のことで、公娼と呼ばれる人達がそこで売春を行っていました。
江戸時代から明治、大正と時代は移り変わってもそれは続いており、日本政府が公認している地域として警察は地図上でその区域を赤線で囲っていたことが、その由来となっています。
売春防止法が施行された1958年以降は赤線地域が廃止され、赤線地域内で風俗営業許可を取って営業していたカフェーや料亭といった所は全て廃業し、バーやスナック、ソープランドや料亭、ラブホテル下宿屋などなど、様々な業種に移行することになりました。
しかし、公的に風俗営業が許可されていたということの名残で、旧赤線地域では現在でも多くのソープランドが立ち並び、ソープ街として成り立っているというわけです。
現在のソープ街で有名な所は旧赤線地域であることが多く、東京の吉原や神奈川の堀之内、岐阜の金津園、兵庫県の福原、広島の松浜町、香川の八重垣新地などは、ソープ街としては非常に名高い地域となっています。
しかしながら、この辺りでもソープランドが新規に開業するということは出来ません。
ですが、昔から経営許可が出ている場所であれば現在でもリニューアルオープンといった形で新しくすることは可能となっています。
そこで、経営許可の出ている土地の経営権を買い取ることで、実際はリニューアルオープンではあるものの別の業者が新規出店という触れ込みで営業を始めることもあり、今でも表面上は大きく動きがある業界に見えるというわけです。

ソープランドの世界というのも、実はなかなか複雑で長い歴史というものがあるのです。

福原ソープガイド

福原でソープをお探しの方はこちら