ソープの為には頑張れる私

ソープランドは、流動の激しい業界として知られていて、人材はもちろんのこと店自体も数年で大きく入れ替わることも珍しくありません。店が入れ替わる要因としてはいくつかありますが、法律違反による摘発や客数の減少による経営難での閉店が主な理由と言えるでしょう。どういった理由で閉店するのかは利用者である一般客には伺い知ることが出来ませんが、それでも今まであった店が無くなるというのは、ソープ業界のことを考えればなかなか複雑な心持ちになるのではないでしょうか。

つい最近閉店したソープランドとして、福原の『倶楽部NEWシェル』というお店があります。2015年3月いっぱいをもって閉店したのですが、インターネット上では多少噂になっていたのですがお店から正式に告知らしい告知はないままに閉店してしまったようで、福原で遊ぶことの多かった男性客の間ではちょっとした話題となりました。当然様々な憶測が飛び交ったわけですが、その真相は闇のままです。

さて、一つの店が閉店してしまうと、そこに一つの動きが生まれることになります。それは、閉店した店舗に在籍していた女性の流出というもので、多くの女性は同地区にある別の店に移籍して働くことが多いようです。今回の閉店騒動でも同様のことがおき、同時期に『アロー』などでは多数の面接があったとの話も出ています。

『アロー』は、福原でも知名度の高い高級店で、この店の特徴としては高級店でありながら大衆店のような価格でもコースがあるということです。120分60,000円のVIPコース、そして65分21,000円からのエレガンスコースと用意されており、予算に合わせて遊ぶことが出来るというシステムになっています。もちろん選べる女性もランクによって変わってしまいますが、だからこそ閉店した店からの流入が多かったとも言えます。

『アロー』には、VIPコース・エレガンスコース両方合わせて100人以上のコンパニオンが在籍しており、その層の厚さでは日本一と言えるかもしれません。連日30人前後の出勤数があるため、予約は当然のことフリーで入る客も多く、福原でもトップクラスの賑わいがある店となっています。

ソープ業界では、一つの店が他店に与える影響というのは意外と大きく、それは利用者にとっても他人事ではありません。特に贔屓の店がある地域であれば、そういった情報には常にアンテナを張っておくのが望ましく、その過程で手に入る情報はソープをより楽しく遊ぶことがための情報ともなります。新規開拓の際にはとても役立つ情報となりますので、有効に活用すると良いでしょう。