ソープ街と赤線地域

ソープランドというのは、風俗の中でもその知名度は格段に高く、風俗の代表的な物として広く知られています。
現在ではデリヘルやホテヘルといった新しいタイプの風俗が人気となってきていますが、それでもソープが持つ性質上、風俗の代名詞という立場は譲ることは無いでしょう。

そんなソープランドですが、その歴史は非常に長いものがあり、現在でも各地にソープ街と呼ばれるソープランドが密集して立ち並ぶ地域が存在しています。
規制強化によって今後の新規出店が見込めない業種でありながらも、そういった場所の知名度によってその地位を保ち続けているという一面は否定することが出来ません。
ソープランドの歴史を語る上で、ソープ街とその前身というべき地域は非常に重要な部分となります。
これは、吉原を始めとしたかつての赤線地域と呼ばれる地域で、赤線地域が廃止された現在でも唯一合法的にソープランドが経営出来る数少ない場所でもあるからです。

赤線地域というのは、江戸時代から公的に売春が認められていた地域のことで、公娼と呼ばれる人達がそこで売春を行っていました。
江戸時代から明治、大正と時代は移り変わってもそれは続いており、日本政府が公認している地域として警察は地図上でその区域を赤線で囲っていたことが、その由来となっています。
売春防止法が施行された1958年以降は赤線地域が廃止され、赤線地域内で風俗営業許可を取って営業していたカフェーや料亭といった所は全て廃業し、バーやスナック、ソープランドや料亭、ラブホテル下宿屋などなど、様々な業種に移行することになりました。
しかし、公的に風俗営業が許可されていたということの名残で、旧赤線地域では現在でも多くのソープランドが立ち並び、ソープ街として成り立っているというわけです。
現在のソープ街で有名な所は旧赤線地域であることが多く、東京の吉原や神奈川の堀之内、岐阜の金津園、兵庫県の福原、広島の松浜町、香川の八重垣新地などは、ソープ街としては非常に名高い地域となっています。
しかしながら、この辺りでもソープランドが新規に開業するということは出来ません。
ですが、昔から経営許可が出ている場所であれば現在でもリニューアルオープンといった形で新しくすることは可能となっています。
そこで、経営許可の出ている土地の経営権を買い取ることで、実際はリニューアルオープンではあるものの別の業者が新規出店という触れ込みで営業を始めることもあり、今でも表面上は大きく動きがある業界に見えるというわけです。

ソープランドの世界というのも、実はなかなか複雑で長い歴史というものがあるのです。