求人で気をつけること

ソープランドの求人に応募する場合、いくつか気をつけたほうが良いことがあります。

風俗業界全般に言えることでもありますが、お店側としては常に質の高い女の子をたくさん集めたいですから、求人広告に都合の良いことが書いてあったり誇大広告がされていることも多いです。

たとえば、体験入店をしてくれた子には○万円プレゼント、というような宣伝文句です。

そういう言葉に惹かれて面接に行って、よくよく話を聞いてみると、お客さんへ実際にサービスをしなくてはならなくて、その時にもらえる正規の取り分プラス一万円程度、ということもしばしばあります。

しかし、面接に来ていろいろ話を聞いた女の子は、それらを聞いた状態でわざわざ他に行くよりも、一万円でもおまけでもらえるならこのまま仕事に入ってもいいかな、と思わせてしまえばいいので、広告効果としては充分あるのです。

これくらいならまだ良いのですが、面接は女性店員が行います、と書いてあったにも関わらず、いざ面接が始まるとなったときに、今日はたまたま男しかいないけどいい?などと、自分たちが提示しておいてそれをあっさりと否定してしまうことになんとも思わないようなお店は、働いていくのに不向きであると思われます。

また、そうした点がないかどうか、不審に思える点にはできるだけ面接の段階で全部つぶせるようにしておきたいです。

たくさん稼げる仕事ではありますが、初対面のお客さんが相手であったり、性病などのリスクもある仕事ですので、避けられないリスク以上にリスクはないようにしていけるといいでしょう。